うまくいくビジネス

ビジネスで新規開拓するには

ビジネスの営業種類と手法

ビジネスシーンにおいて、営業の種類と手法についてお話したいと思います。まずは「紹介」を貰うパターンです。既設のお客からの紹介や、関連先からの紹介を貰い、とりあえず商談の場を設けてもらうことができます。相手先の上下関係によっては絶大ない効果を発揮します。トップダウンを嫌う社風だと、現場自体はギクシャクしたりします。次に「飛び込み」です。これぞ王道という気もしますが、現在では成約率もそれ程高くなく、なお且つ、飛び込みしている本人としては心を削られていく気がします。ビジネスの営業種類と手法は以上の様なものがありますが、上記二つを織り交ぜながら成績を上げていくのが定石の様な気がします。

ビジネスにおける営業開拓

ビジネスの営業といえば、新規顧客の開拓が企業にとっての目標です。開拓先は法人・個人と様々で、両者共に先ず開拓先の情報収集から始まります。法人・個人共、既存の顧客からの情報獲得です。法人の場合、既存顧客の同業者からの情報入手。同業者といえば新規の開拓先も紹介者と製品の商品上ライバルとなる場合があり、既存顧客からの紹介ではストレートに無理かもしれませんが、可能であれば既に取引のある企業からの紹介で思いがけなくスムーズにビジネスが進行する場合が多いです。既存顧客からの情報入手と共に自社として提供できる先方にとって魅力のあるサービス提供も同時に必要であり、ここには自社の同業者との競争になります。個人の場合も法人の規模ではないですが同様です。

↑PAGE TOP